スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想:アシモフ『わたしはロボット』

思うところあって、図書館通いを始めました。田舎住まいなので蔵書状況はあまり良くないですが。
これまで偏った個人的関心をベースに読んできたタイプなので、古典あたりを広く読もうかなと。
ま、他にやるべきことも抱えてるので、気の向いたものだけupしていきます。


そんなわけで、SF古典より、アシモフ『わたしはロボット』ですが。
テーマらしきものを挙げるとするなら、1つには「老いへの恐怖」だと思います。
視点を変えれば、忠臣と主君押込も絡んできますが。
ずいぶん日本的な話が出てきたので、アシモフの前評判からはちょっと予想外でした。


総じて言えば、人間は経験し学習する生物です。
個体であるわたしたち一人一人もそうだし、集団としてもいろんな形で経験を蓄積しています。
もちろん一直線の進化ではなくて、総当たりADV的な手探りの蓄積ですけども。

この理屈を突き詰めれば、現在のわたしたちは過去の人たちより進んでいる筈だし、未来の人は現在のわたしたちより進んでいく筈です。
ロボットの有能さは、現在のわたしたちを上回る未来の子供、そして現在を愚かと断定するであろう存在として描かれています。
これは言うまでもなく、暗愚な中世を啓蒙した近代のネガです。自分の親殺しを肯定するなら、子による親殺しも肯定されなくては立場が一貫しません。

ところがアシモフの物語は、有名なロボット三原則で親殺しを禁じてしまい、それゆえに有能で忠実なロボットは「ボケ老人をあやす」ように人間を欺くようになります。
訳者あとがきでは、この部分を「ヒューマニズムと倫理」としていて酷いものでした。
こうした「現在による保身」は、現在でも青春小説として続いています。

余談ですが、わたしが『Fate/stay night』や英雄譚を評価するのは、「キャラクタ=論理」の一貫性を守って親殺しを受け入れる(断罪され捨て石になる)、そうした倫理があるからです。


一方で、別のルートでも「日本的」な指摘が出来ます。
「不徳の暗愚な君主を持ったとき、家臣はどうするべきか」というジレンマ、
易姓革命・放伐を肯定する中国・儒教圏と、否定する日本の尊王論との対比。
幕末ファンなら判ってくれるかも。

そんなこんなで結論。アシモフのロボットはチョンマゲを結っていた、ということで。

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

牡牛

  • Author:牡牛
  • 物語る技術(コンセプト、シナリオ、構造、演出、表現ほか)について、分析・提案するブログ。
    主な関心領域
     エロゲ(分析・感想)
     TRPG(プレイング技術の提案)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。