スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fateネタバレ感想(15) -凛ルート その1-

Fate関連の更新です。
今回から、凛ルートへ入ります。

前回までの流れ
 セカイ系について (1) (2)
 Fateネタバレ感想
  序論 (0) (1) (2)
  セイバールート (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13)
  構造解析 (14)

セイバールートでは、英雄譚の文法・ガジェットに依拠し、
士郎もセイバーも英雄らしく行動していたにも関わらず、
恋愛感情に戸惑ったり、相手を真正面から否定したり、別離を迎えたりなど、
英雄譚の定型に収まらない展開を含んでいました。

この「定型に収まらない違和感」を出発点としてその根拠をつきつめていった結果、
「2人の英雄」というキーワードに行き着きました。
「士郎の英雄譚」と「セイバーの英雄譚」、
この2つが排他的に働いて、英雄譚のフォーマットが崩されてしまう。
そうした「英雄譚」の特徴が描かれたシナリオだったわけです。


前回の構造解析で、凛ルート、桜ルートのキーワードを提示しましたが、
これらもセイバールートと同様、それぞれプレイ中に感じた違和感から出発しています。
その違和感の検討を進めてから、凛ルートの詳細解釈に入ることにします。



1、「士郎殺し」だけでは説明できない、アーチャーの行動

六日目夜、柳洞寺での決心からラストまで、
アーチャーの行動は一貫しているように見えます。
ところが、それと平行しながらの、凛、セイバーやキャスターへの言動をみると、
「士郎殺し」を危ぶませるほどリスキーな「皮肉」を、アーチャーは飛ばしています。
これは、性格づけと呼ばれるレベルを大きく越えています。

ギルガメッシュのように慢心して相手を侮るようなキャラとは異なり、
英雄エミヤは、平凡な人間からスタートし、地道に鍛え続けてきたキャラです。
「士郎殺し>皮肉」という優先順位の図式に、疑問が残るのですね。


このことを考えると、図式としては
アーチャーにとっての優先順位としては、むしろ「皮肉>士郎殺し」であり、
士郎との関係で「士郎殺し」が目立っているだけ、と捉える方が筋が通ります。

そこまでして拘る「皮肉」にこそ、アーチャーの動かしがたい本質がある。
わたしはそう考えます。

comment

Secret

プロフィール

牡牛

  • Author:牡牛
  • 物語る技術(コンセプト、シナリオ、構造、演出、表現ほか)について、分析・提案するブログ。
    主な関心領域
     エロゲ(分析・感想)
     TRPG(プレイング技術の提案)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。