スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fateネタバレ感想(10) -セイバールート その8-

前回までの流れ
 セカイ系について (1) (2)
 Fateネタバレ感想
  序論 (0) (1) (2)
  セイバールート (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9)


物語形式の視点から眺めると言っても、いろいろとありますが、
Fateにおける焦点は「英雄譚(ヒロイック)」、「近代ロマンス(恋愛譚)」、
そして「成長譚(ビルドゥングスロマン)」にあります。
本題に入る前提として、最小限に端折って説明していきます。


この3つの関係を歴史的に追ってみますと、
まず、神話以来はるかな長い歴史を持つ「英雄譚」があります。

そこから西洋ではキリスト教思想とその論理を取り込んだ中世ロマン(騎士道ロマン)が派生し、
更に時代を下って脱キリスト教化を図る「近代ロマンス」が生まれました。
宗教紛争(特に新旧対立)への嫌悪から宗教の権威・地位が大きく下がり、
その代替物として個人主義を称揚する立場が主流となりました。
このような思想基盤の変化に伴って「神の愛による救済」の代替物として現れたのが、
個人を基盤とする「個人間恋愛による救済」です。
「近代ロマンス」の背景には、こうした思想の流れがあります。
(関連:「「告白」という恋愛様式」『めがねのままのきみがすき』はいぼく)


「成長譚」が現れるのは、更に時代を下ってのことですが、これがまた定義が難しいのです。
そもそもの「成長」とは、オタマジャクシ(幼体)とカエル(成体)とが区別されるような、
生物学的な変化、身体的な変化を示す言葉です。
ところが、目に見えない人間の精神にも同様の変化が起こるはずであり、それを「成熟」と呼ぶ、
そうした習慣が始まってから、その一義的な理解は難しくなるのです。

例えば、子供から大人への成長では、そこには「子供であることの否定、大人になることの肯定」という規範が描かれます。また別の例では、男性中心主義的な大人像への批判というテーマが描かれ「暴君である父の否定、子供的な要素の再評価・肯定」という規範が描かれたりします。

このように「ある規範(悪意ある言葉にすればイデオロギー)への否定」といった形式を満たすこと。それだけの条件で、内容的にかなり矛盾する価値観である作品群であっても、みな成長譚としてひとくくりに扱われてしまうようです。その結果「成長譚」を具体的にイメージさせにくいものにしてしまっているのです。

勿論そこには「自省」する姿勢があるのですが、寧ろそれ以外の共通点が何もないと言っても良いでしょう。中には、自省の後の展望を描かずに「自己否定のみ」で行き詰まって終わってしまう、そういうものもあります。
 関連:仲俣暁生「「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか」、大塚英志『人身御供論』、本田透しろはたレビュー)

近代ロマンが『殉教、信仰告白』のイメージ寄りで、
成長譚が『懺悔、罪の告白』のそれと言ったら伝わるでしょうか。



えー、この辺りは関心のない方には解らないほど、かなり端折った説明で済ませましたが、それでもこれくらいの量になりました。

では、なぜここまで長々と物語形式の歴史を説明しなければいけなかったのか、最後にその理由を説明します。

セイバーをはじめサーヴァント達は、世界各地の神話や伝承上の英雄でした。
士郎や凛にとって「幻想的(フィクショナル)な存在」だったのです。
わたし達プレイヤー側にとって、士郎や凛がそうであるように。
つまりセイバーと士郎との関係は、saverという道の先達・後進であると同時に
フィクションと受け手との関係をも意味しているのです。

そして、フィクションという切り口で連想されるのは、
TYPE-MOONが『月姫』では同人、受け手の側に立っていて、
この『Fate』からプロ、送り手の側に立っている、ということです。

人間でありながら、英雄という幻想に近づこうとする衛宮士郎。
その二重的(パラドキシカル)な立ち位置に、わたしはTYPE-MOONの影を見ています。

comment

Secret

プロフィール

牡牛

  • Author:牡牛
  • 物語る技術(コンセプト、シナリオ、構造、演出、表現ほか)について、分析・提案するブログ。
    主な関心領域
     エロゲ(分析・感想)
     TRPG(プレイング技術の提案)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。