スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイ人数と、プレイ期間

初のトラックバックをALFREDさんから頂きました。
せっかくなので、ジークス島戦記フォスロード伝説をちょっと拝見。

小規模のMMO。2年ぐらいの期間で、PBWのように世界観の更新。
(世界観のチェンジと同時に、PCは入れ替えするんでしょうか)
交流重視で、数百人を相手にGMになる。
うわー、これは大変そうですね。

ファンタジー世界の日常を過ごす、あるいは架空の人生を生きる。
そういうのが好きな方達なんでしょうね。


ううむ。わたしはTRPGに寄りかかりすぎなのだろうか。

人数が限定されたパーティを組んで、
1セッションごとにメリハリをつけることができ、
その連続でキャンペーンに出来る。
やはり、TRPGは楽なんだと思いますね。

TRPGの推奨人数が4~6人であることは、
この先ずっと変わるまい、という確信があります。
リアクションへの期待と、とるべき責任と、どちらも実感できる。
推奨人数はその限界なんじゃないかなあ、と。

適当ですが、こういう式でわかってもらえるでしょうか。

 PLのモラル=GMの仕事量/総PL数
  (モラル:責任感、義務感 仕事:リアクション)

人数が多くなるほど、無責任になりがちなんですよ。
もっとも、無責任だから気楽でいられる、気負わずに楽しめる、という人たちもいると思います。この辺りは、もう相性としか言えませんけどね。

comment

Secret

プロフィール

牡牛

  • Author:牡牛
  • 物語る技術(コンセプト、シナリオ、構造、演出、表現ほか)について、分析・提案するブログ。
    主な関心領域
     エロゲ(分析・感想)
     TRPG(プレイング技術の提案)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。