スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fateネタバレ感想(5) -セイバールート その3-

しばらくhollowにかまけていましたが、
Fate/stay night本編の感想を再開します。

前回までの流れ
 セカイ系について (1) (2)
 Fateネタバレ感想
  序論 (0) (1) (2)
  セイバールート (3) (4)


 セイバールート詳細解釈、中盤その1。
 中盤は、十日目・ライダー戦から十一日目・バーサーカー戦を経て、十三日目・キャスター襲来の直前までです。序盤で示された士郎とセイバーの立ち位置が、この中盤ではしばしば逆転します。

 九日目の鮮血神殿の発動に十年前の災厄の再現をみた士郎は、ライダー戦での負傷の治癒を待たずに、セイバーの制止をしりぞけて、慎二・ライダーとの決着を優先しようとします。
 ここで対比されるのは六日目、ランサー戦・バーサーカー戦での負傷にもかかわらずアサシンへ強攻したセイバーの姿です。

 ライダーとの宝具対決に勝利するも、魔力の大半を失って衰弱するセイバー。翌十一日目、イリヤにさらわれた士郎を助けるために、セイバーは「戦えない代わりに盾になる」ほか手段がなくてもアインツベルンの城へと向かいます。
 これは三日目のバーサーカー戦、セイバーの盾になった士郎の姿に重なります。(この行動はトゥルーEDフラグの最初の1つであり、アヴァロンの治癒力が発揮される最初の機会になっています)

 バーサーカー戦後の小休止、十二日目におけるセイバーの態度の変化(鍛錬・空腹・風呂)は、七日目・鍛錬初日の士郎の戸惑いとの対比となっています。


 (3)で一度触れましたが、「セイバーが士郎とよく似た存在である」ことを示すのがこれらの対比です。

 ここを読んでいるあなた、プレイしながら「士郎って他人の話を聞かないよな。ガキっぽいし、時にはウザい。素直にセイバーに戦わせれば話が速いのに」と内心でツッコミを入れたことがあるでしょう? そして、その際には「それに比べるとセイバー(または凛)の話には合理性があって冷静だよ」という印象がセットとしてついてまわります。

 しかし、魔力を失ったときのセイバーは「そんな士郎」と同じ行動をとります。「状況に合わせる=能力に見合った方法を採る」という合理で動くのではなく、「正しい方法=最も他人が傷つかない方法」しか採ろうとしないのです。であるために、危険から他人を遠ざけてしまう。他人の助けが必要なほど状況が悪いときに、一人で頑張ってしまうタイプ。そしてそんな方法にもかかわらずどうにか解決しつづけて、英雄の域に達したセイバー。

 宝具など1つもない頃のアルトリア。士郎は、その欠点も含めて、かつてのアルトリアに似ています。それが、英雄的と呼ばれる在り方です。

comment

Secret

プロフィール

牡牛

  • Author:牡牛
  • 物語る技術(コンセプト、シナリオ、構造、演出、表現ほか)について、分析・提案するブログ。
    主な関心領域
     エロゲ(分析・感想)
     TRPG(プレイング技術の提案)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。