スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fateネタバレ感想(4) -セイバールート その2-

『Fate/hollow ataraxia』発売されましたね。
わたしはこっちの感想を書き終わるまでは封印します。
早いところ書き上げるためのエサってことで。

前回までの流れ
 セカイ系について (1) (2)
 Fateネタバレ感想 (0) (1) (2) (3)

 Fateでは、どのルートでも士郎をめぐる物語とヒロインをめぐる物語が別々に存在していますが、セイバールートの序盤では、まず士郎をめぐる物語がメインとなって進んでいきます。

 召喚の翌日、四日目から2人は「シロウには戦わせない。サーヴァントはわたしが倒すから積極的に戦わせてほしい」「セイバーには戦わせない。戦わなくちゃいけないときは俺がやる」と衝突します。どちらも相手をsaveしようとするため、堂々巡りになって噛みあわないのです。
 この衝突は六日目深夜のアサシンとの戦闘後に最初のピークを迎えますが、凛のフォローを契機として、七日目からの鍛錬へと話が進んでいきます。



 七日目から始まる鍛錬は、士郎の能力面の移行期にあたります。

  「……ああもう、てんで分からないよ切嗣。
   一体さ、何をすれば正義の味方になれるんだ」
   その肝心な部分が、この五年間、ずっと掴めないままだった。
             (セイバールート、一日目深夜『鍛錬(魔術回路)』)


 切嗣は「正義の味方になる方法」として、「強化魔術」を士郎に教えました。
 しかし士郎の鍛錬は、毎晩かかさず魔術回路を一から作り直すばかりで、その先へと歩めません。七日目・八日目と、セイバーが剣を教えてそれなりに成果が出ているのに対し、凛が強化魔術を教えても「あいつ才能ないわ」という結果です。その理由は、もう少しあとで

  「俺は衛宮士郎がサーヴァントを倒している姿なんて想像できない。
   そこまで器用に自分を騙せないし、
   自分を騙して作ったイメージなんて所々にボロが出る。」
        (セイバールート 十一日目午後『白い呪眼~イリヤ(Ⅲ)』)


 と表現されるのですが、その根拠はもう少し後にとっておきます。

 ともかくも、強化と投影どちらもものに出来ない状況で士郎は、九日目のライダーとの戦闘を迎えます。士郎が持っているものは、「折れない気持ち」と未だ発見されない「理想」でありその2つによってライダーの攻撃に耐えますが、ライダーを止めることだけは出来ません。
 士郎は自分ひとりで戦おうとしていたことを間違いだったと認め、令呪でセイバーを召喚します。

  「パートナーとして、セイバーに謝るのは当然だ。
   心配させてすまなかった。
   セイバーといる限り、俺は二度と一人では戦わない」

   彼女と共に戦うと決めたのなら、
   俺は全力で、彼女を守り通せば良かったんだから――――
  「セイバーが俺を守るなら、俺もセイバーを守る。」

  「私は貴方の剣です。私以外の誰が貴方の力になるのですか、シロウ」

   出逢ってから数日経って、ようやく―――本当の契約というヤツを、俺たちは交わしていた。

           (セイバールート 九日目夜『ボーイ・ミーツ・ガール(Ⅱ)』)




 次回はセイバールート中盤です。

comment

Secret

プロフィール

牡牛

  • Author:牡牛
  • 物語る技術(コンセプト、シナリオ、構造、演出、表現ほか)について、分析・提案するブログ。
    主な関心領域
     エロゲ(分析・感想)
     TRPG(プレイング技術の提案)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。