スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカイ系について(2)

 前回からの続き。

 Fateにおける魔術師は、魔術と呼ばれるブラックボックス(規則性のみが確認されている式)により一般の人間には得られない効果を得られます。そして、そのブラックボックスの探求(式の言語化)は1人の手によって達成されることは殆どなく、そのため魔術師は子孫に魔術回路を受け継がせ代を重ねて、探求の終わり(根源の渦への到達)を目指すことになります。魔術師一門は、真理に迫るシステムなのです。

 魔の領域へ踏み込みその理外の理を掴んで戻ってくること、そしてそれをより良く表現できる言語へと再構成すること。
 それは異界への旅であり、死と再生であり、ヘーゲルのいう止揚でもあります。それは、なにより冒険と呼ぶべきものです。

 フィクションは、仮構であるがゆえに現実を揺るがしもするし、同時に仮構であるがゆえに捨て去られるものでもあるのでしょう。今回のテーマに即して言えば、「わたしたちはセカイを彷徨うことで世界を省みる。そしてセカイを殺すことで世界を再生させる」ということになります。

 魔術師には、魔の領域を旅するための力や知恵が必要です。そしてその旅程の限界は、現在の自分の能力の大小に比例します。人の倫理は人の領域に最適化されたものであって、魔の領域で使うためのものじゃないし、それが足を引っ張ることもあります。そもそも、人の領域で得られる果実をわざわざ魔の領域で得ようなんて人は想定外なんですから。人の領域と魔の領域とは、場合分けして考えるべき問題であるとわたしは思いますが。



 すこし込み入った問題に触れたため長くなりましたが、月姫世界設定は「境界を侵犯する構造と超能力バトルを用意しやすい対立構造、2つを取り込める世界内設定」という、それだけに過ぎないと言ってもいいと思うのです。ブギーポップシリーズは、「世界の敵のありようが決まれば、それをを救うヒーローのありようも自動的に浮かび上がる」という部分まで、あからさまに書いていますし。

 他にも例はあって、本格ミステリー、とくに館もの・孤島ものに見られる「閉鎖空間の崩壊、脱出」シチュエーションが、上記の「セカイの殺害、世界への帰還」と対応しています。
 いつだったか、コナンが金田一少年(Wiki)を仮想敵として「トリック解明の後で犯人をとり逃がすのは、名探偵失格だ」(大意)と言ったことがありましたが、こういう形式のレベルでは考えてなさそうでしたね。子供に安心して見せられるコナンなら、そう言っても構わないと思うんですが。


 Fateそのものの感想は、またもや次回に延期。
 今週末のうちに書きたいです。

comment

Secret

プロフィール

牡牛

  • Author:牡牛
  • 物語る技術(コンセプト、シナリオ、構造、演出、表現ほか)について、分析・提案するブログ。
    主な関心領域
     エロゲ(分析・感想)
     TRPG(プレイング技術の提案)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。