スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『遊びと人間』 ほか、TRPG雑記

 16日に帰省から戻りました。
 本やゲーム、オタクなものもそうでないものも含め、未開封の宝箱をカバンから部屋の隅へと移して一休み。宝が得られるかどうかは、開けるわたしの腕次第ですが。


 その宝箱の1つ目。
 カイヨワ『遊びと人間』を図書館から借りて読んでいます。

 これに出てくる遊びの四類型は、遊びに限定して論じられたものではなく、遊びの視点からみえてくる「人間一般における方法論の四類型」と捉えるべきもの、と考えています。もうちょっとかみくだいて、TRPGの実践的テクニックとして応用するならば、「ブレイクスルーの四類型」と表現してもいいかも知れませんね。



 TRPG関係も含め、ウェブを巡回。
 白河堂さんは、更新量がすごいことになっています。どれも面白そうなネタなので、どれから手をつけるべきか困ってしまいました。量の増えそうなものは、後日あらためて取り上げる予定です。

>松岡氏の論文について
 論文は火塚たつやさんが以前に紹介されていたものです。火塚さんのサイトはN◎VAがメインで、物語論考にも「ファンタジー」という視点からの面白い論考があり、オススメです。
 個人的には、blogでの紙魚砂さんとのやりとりに注目しています。旧天羅から天羅零の導入期に、2つのプレイングスタイルのズレをどう理解すればいいのか仲間内みんなで試行錯誤したことがあるので、とても納得のいくやりとりだったり。

はるをさんのblogについて
 一通り拝見しました。物語とリズム、という要素は、わたしが殆ど意識したことのない視点で新鮮です。「間によって観客の想像力を充分に広げ、それから閉じる」(平田オリザ『演技と演出』p116~127)を実践しているんでしょうか。物語論の展開には、期待するところ大です。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TRPGに役立てる平田オリザ流演劇論

演劇入門 (講談社現代新書) 作者: 平田オリザ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1998/10 メディア: 新書 平田オリザは脚本家、演出家です。現代口語演劇の旗手で、表現教育(言いたいことをうまく相手に伝える姿勢や技術の教育)を推進しようとワークショップなど開いている

comment

Secret

プロフィール

牡牛

  • Author:牡牛
  • 物語る技術(コンセプト、シナリオ、構造、演出、表現ほか)について、分析・提案するブログ。
    主な関心領域
     エロゲ(分析・感想)
     TRPG(プレイング技術の提案)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。